あえての喜平という選択。引き算のコーディネート

あえての喜平という選択。引き算のコーディネート

COORDINATION OF SUBTRACTION あえての喜平という選択。引き算のコーディネート 男らしさとは何なのか、それは単なる性別を表すワードではなく、すべての人に当てはまる生き方の一例なのかもしれない。 たとえば、最低限の荷物で旅へ出るとしよう。限られた選択肢の中で利便性や機能性ではなく、あえて自分らしいモノを選ぶその姿勢は、まさに「男らしさ」なのではないだろうか。 できるだけシンプルで、永く愛せるアイテムを選ぶ。 無骨に羽織るのは、ALPACA AWARD CONCHO JACKET。 胸元には喜平ネックレスを1点のみ。 圧倒的な存在感を持つTHE CRIMIEのジュエリーだからこそ成り立つ、究極のシンプルコーディネート。 引き算は物事の本質に迫る方法の一つ。 ルーティンになりつつあったジュエリーの組み合わせを変えてみると、求めていた答えに辿り着くかもしれない。 LINK CHAIN SKIN SILVER NECKLACE THE CRIMIEの世界観が色濃く表現されたオリジナルネックレス。 不変的なデザインは末長く愛用でき、ジュエリー入門にも最適な定番アイテム。 LINK CHAIN GRADATION SILVER NECKLACE 程よくエッジを効かせつつ、流れるようなラインを持たせた美しいフォルムのコマ。それらをグラデーション状に組み合わせることにより、表情豊かな耀きを実現させたネックレス。...
アイデンティティーであり、お守りでもあるシルバージュエリー

アイデンティティーであり、お守りでもあるシルバージュエリー

SILVER JEWELRY IS BOTH AN IDENTITY AND A TALISMAN アイデンティティーであり、お守りでもあるシルバージュエリー 黄昏時。腕時計に目をやると、日没が遅くなっていることを知った。長い冬も終盤にさしかかり、春がやってくる。なんだかワクワクしてしまうのは、私にとって春はコーディネートを思いっきり楽しめる季節だからなのかもしれない。洋服選びはいつもジュエリーを起点に考える。気候に合わせて装いを変えつつも、身に付けるものたちは変えない。なぜならば、それが私にとって”不変”のアイデンティティーであり、お守りでもあるからだ。 日常の何気ない瞬間に彩を添えるシルバージュエリー。 お気に入りのデバイスも自分流にカスタムするのがマイルール。 ずっと身に付けるものだからこそ、とことん拘ってみせる。 PYRAMID ROPE STUDS GUADALUPE SILVER BRACELET シンプルなデザインでジュエリー入門に最適。 単体では落ち着いた雰囲気に、複数組み合わせることで重厚な存在感へと変わっていく。 APPLE WATCH LINK CHAIN GRADATION SILVER BAND アップルウォッチ対応のシルバーチェーンバンドブレスレット。...
光と影が引立たせるTHE CRIMIEの存在感

光と影が引立たせるTHE CRIMIEの存在感

BLACK AND SILVER 光と影が引立たせるTHE CRIMIEの存在感 かつて”シャドウ・キャッチャー”と呼ばれる写真家がいた。 それは今から約100年以上前のこと。探検隊に同行した彼は、未開の地で目にした数々の情景をカメラに納めていった。それらの写真のほとんどはモノクロで、彩のない世界。だが、そこには唯一無二の重厚な空気が佇んでいた。影といえば、ブラックを基調とするTHE CRIMIEも同様。何気ない1日に彩を添える一着は、ある意味モノクロの世界でも際立つというわけだ。 ブランドのアイコン的存在であるSPANISH LAMB LEATHER W BIKER JACKETを主役に据えたシンプルなコーディネート。インナーに白Tシャツを取り入れて、重くなりがちな印象に抜け感をプラス。 ネックレスを重ね付けし、コーディネートをよりグラムな印象に。 拘り抜かれた複雑な意匠はモノクロの世界でも艶のある表情を魅せている。 オーバーサイズにレザージャケットを着こなす、アバンギャルドなコーディネート。 同じく白Tシャツで抜け感のあるメリハリを効かせ、STAR STUDDED BELTで媚びないアティテュードを演出。 ROB BIKER SHADEを取り入れてスタイリングのアクセントに。 大きすぎず、小さすぎない絶妙なサイジングのフレームは付け心地がよく、男女問わず多くの人に受け入れられている。 無機質なコンクリートジャングルを彩るTHE CRIMIEのアイテムたち。 それぞれが醸し出す唯一無二の雰囲気は、組み合わせによってさらなる存在感を増していく。
特別な日にはいつもと違う着こなしを

特別な日にはいつもと違う着こなしを

DRESS DIFFERENTLY ON SPECIAL DAYS 特別な日にはいつもと違う着こなしを THE CRIMIEを代表するアイテムといえばレザー。そのこだわり抜かれたデザインはどんなシーンにもマッチする。 例えば特別な日を想像してみよう。鏡に映るのはいつもと違う自分の姿。新しい気持ちで街へ出かけるためには、いつもと違うことをしてみるのも良いかもしれない。 THE CRIMIE定番アイテムのライダースジャケット。 フォーマルなスタイルにあえて取り入れることで洒脱した印象に。 レザーパンツでドレスダウン。 上質な革と絶妙なレングスはヒールをさらに美しく魅せる。ストレッチの効いた素材は特別な瞬間を愉しむ貴方を妨げない。 いつもと違うことをしてみると、新しい自分になれるかもしれない。その第一歩としてスウェットはどうだろうか。 14オンスのヘビーウェイトボディはラフすぎず、レザーはもちろんスラックスやデニムとの相性も抜群。 あえて裏地はパイルで仕上げ、春先でも快適に着られるようにこだわっている。 寄り道するかのように、いつもと違うアイテムを選んでみると新しい自分に出会えるかもしれない。 共通した世界観を持つTHE CRIMIEのアイテムはワードローブを変えることなくそれを実現できる。
あなたの印象をガラリと変えるユニバーサルフィットの名作アイウェア

あなたの印象をガラリと変えるユニバーサルフィットの名作アイウェア

ロングセラーを誇るTHE CRIMIEの定番アイテム「ROB BIKER SHADE」

いわゆる”ウェリントン”と呼ばれる、このシェイプが醸し出す独特なシルエットをどこかで見かけたことはないだろうか。例えばスクリーンの向こう側でモーターサイクルを駆る往年のスターや、ステージの上で煙草を燻らせながら唄うロックスター。いつの時代もアイコンと呼ばれる存在が身につけていたのは、まさにこのウェリントン。

圧倒的な存在感を醸し出すTHE CRIMIEのリンクコーデ

圧倒的な存在感を醸し出すTHE CRIMIEのリンクコーデ

LINK COORDINATION PROVIDED BY THE CRMIE圧倒的な存在感を醸し出すTHE CRIMIEのリンクコーデ 忙しなく動き続けた日々がようやく終わった。時の流れをこんなにも享受できる余裕があるのはいつぶりだろうか。都会の喧騒から離れ、理想の空間で迎える朝はこんなにも素晴らしいものなのか。 気分が良い、そんな日は、友人、家族、恋人と、互いの存在を確かめ合うかのようにリンクさせたコーディネートにチャレンジしてみてはいかがだろうか。リンクコーデというと、どこか気恥ずかしさや難しさを感じてしまう人も、黒を基調としたTHE CRIMIEのジャケットであれば、お揃い感が強くなり過ぎず、むしろいつものコーデが新鮮に。 THE CRIMIEのアイコン的存在である「SPANISH LAMB LEATHER W BIKER JACKET」は、 動きを妨げない立体的なシルエット設計はノンストレスな着心地で、1日を快適に過ごすことができる。洗練された意匠とアーバンな佇まいは、大切な人とのリンクコーディネートにも最適。 レザージャケットの魅力を引き出すシンプルなモノトーンコーデ。足元をヒールで引き締めることでエレガンスな印象に。 伝統的なアワードジャケットをベースとしたクラシカルな雰囲気が特徴の「ALPACA AWARD CONCHO JACKET」希少な高級素材であるベビーアルパカを贅沢にあしらったこのジャケットはまさにワンランク上のアウターと言える。 ベーシックなスタイリングにボーイッシュなアワードジャケットをオーバーサイズ気味に合わせたリンクコーデの上級テクニック。細部までこだわり抜かれた、色褪せることのない男の日常着をコンセプトとするTHE CRIMIEのアウターだからこそ成立する。 ワンランク上の男の気品を漂わせるTHE CRIMIEのジャケット。大切な人とシェア使い、リンクコーデをするのであれば、女性に飾らない気骨な印象とともに、ラグジュアリーさも与えてくれることだろう。
THE CRIMIE ”1550” PANTS

THE CRIMIE ”1550” PANTS

ある人は言う。「ファッションとスタイル、似ているようで違う言葉。ファッションは時代の風を映すもの。スタイルはそれぞれの佇まいや所作を示すもの。」と。 「"スタイルがある"、これはずっと同じ格好をし続けることとは違う。時代の風を感じながら、新しい挑戦をしながら、常に進化し続けること。」 「自分の生きる道に合ったモノの選び方、 着こなし方を探し続けること。それがスタイルになる。」と。
THE CRIMIE ”4812” PANTS

THE CRIMIE ”4812” PANTS

太すぎず、細すぎず何にでも合うTHE CRIMIE "4812" SMART STRAIGHT。足元はブーツ、ドレスシューズ、スニーカーでも。GARDEN TOKYOのSTAFFのほとんどが持っているSTRETCH LEATHER TRACK PANTSもこのシルエット。魔法のようなパンツが登場。
THE CRIMIE ”7714” PANTS

THE CRIMIE ”7714” PANTS

1本は持っておきたいTHE CRIMIEの "7714" SLIM FITのパンツ。 デザイナー曰く「スキニーパンツの一歩手前のシルエット」というだけあって、 パツパツになりすぎずスマートで美脚効果も抜群のスリムフィットシルエット。 THE CRIMIEで大人気のBORN FREE PANTSをミリ単位でアップデート。 2023 SPRING COLLECTION では、ストレッチラムレザーのパンツとオールシーズン楽しめる ストレッチコットンツイルパンツの2型を展開。 履くパンツに困った時は大活躍間違いなしのパンツだ。
年末年始のお知らせ

年末年始のお知らせ

いつもご利用いただきまして、誠にありがとうございます。年末年始の休業および商品発送につきまして、ご案内させていただきます。   年末年始の休業について 下記の期間を年末年始休業期間とさせていただきます。 休業期間:2023年12月31日(日)~2024年は1月2日(火) ※12月30日、及び年始1月3日は通常営業時間帯となります。   配送について 12月31日以降のオンラインサイトのご注文につきましては、2024年1月3日より順次発送させていただきます。   お問い合わせについて 休業中の電話対応、およびメールのお問い合わせに対するご返信はできかねます。 休業期間内につきましては、何かご不明な点がございましたら公式LINE及びホームページ内お問い合わせフォームよりご送信いただけますようお願い申し上げます。 お問い合わせに対するご返信は年明けの1月3日より順次させていただきます。   お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
THE CRIMIE 2023 HOLIDAY COLLECTION

THE CRIMIE 2023 HOLIDAY COLLECTION

休日は私らしく、レザーとジュエリーを身に着けて。日々の忙しさから解放されるとき、あなたらしさが輝きはじめる。ガレージにしまい込んだモーターサイクル。積み上げられた12インチのヴァイナル。好きな服を着て、もう一度街へ繰り出そう。本当のあなたはすぐそこにいるから。

THE CRIMIE × cherry chill will

THE CRIMIE × cherry chill will

フォトグラファーcherry chill will.氏との長年にわたる海外撮影の中で撮り貯めた写真の中から今回のコラボレーションのテーマでもあるLIGHT AND SHADOWの世界観を表現したスペシャルなアートピース5型を展開。アートを身に纏いスタイルに取り入れられるアイテムを是非ご覧ください。